髪に良い成分を摂る|薄毛を改善する食事

薄毛を改善する食事とは?

薄毛の原因としては見落とされがちですが、食事というのも薄毛や抜け毛に関係があります。

髪の毛は毛乳頭細胞が分裂をすれば成長するものですが、この細胞が必要とする栄養が不足すると分裂が低下してしまい、抜けにくい健康な髪の毛が成長しなくなります。

また、成長期の髪の毛がきちんと伸びなければ、成長サイクルが乱れてしまいその影響によって抜け毛が引き起こされます。

それに栄養が足りないと頭皮のターンオーバーが低下して古い角質が残ったままになり、皮脂と混ざり合って毛穴に詰まったり、頭皮を硬くして血行不良を引き起こしたりするので、これも薄毛の原因となってしまいます。

ですので、薄毛の改善のためには食生活にも気をつけなくてはいけません。

まずは、髪の毛や頭皮を構成するタンパク質やアミノ酸をたっぷり摂取出来る食事を心がけましょう。

タンパク質は髪の元となるケラチンとなるので、大豆製品や乳製品、肉や魚などをきちんと食べてください。

頭皮環境を改善したい場合は、ビタミンA、E、Pなど血行を促進する栄養素や新陳代謝を高めるビタミンB群を摂るようにします。

これらの成分は、玄米や大豆、豚肉、レバー、柑橘類、ナッツ類、緑黄色野菜に多く含まれています。

そして、もう一つ気をつけたいのは油分や糖分の多い食事です。

外食には油分や糖分が多く使われていますが、これらの成分は皮脂の分泌を過剰にしたり血行不良を引き起こすため、外食が多いと自然と薄毛になりやすいです。

また刺激の強い食べ物は血行を促進するものの、汗がたくさんでるので頭皮を油っぽくして髪の成長を妨げますから、食事内容にも気をつけてください。


このページの頭へ