髪の健康に良いノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーの特徴

薄毛を改善していくには、頭皮の状態はもちろん髪も健康にしていかなくてはいけません。

いくら頭皮環境が整っても、髪のダメージがそのままでは切れたり抜けたりしてしまいます。

髪のダメージというと、紫外線やドライヤーの熱、カラーリングやパーマなどが原因として挙げられますが、もう一つシャンプーの洗浄成分も大きく関わっています。

一般的なシャンプーは、石油系合成界面活性で作られた洗浄成分が使われていますが、これは洗浄力が強いので髪の油まで落としてしまいます。

つまり、そのままだと髪が乾燥してパサついてしまうので、髪をコーティングするシリコンが配合されています。

だから洗い上がりはしっとりして、絡まったりきしんだりしないのですが、その代わりコーティングによってトリートメントの美容成分が全く浸透しなくなります。

また髪の呼吸も妨げるので、シリコンがずっとついたままだと髪は痛み、修復もされないので、結果的に薄毛が起こることもあるのです。

ノンシリコンシャンプーは、その名の通りシリコンが入っていないシャンプーなので、使い始めは洗い上がりが悪いかもしれません。

ですが、使い続けることで、髪が本来持っている治癒力によってキューティルが整い、天然の油でコーティングされるので髪が健康な状態になります。

さらに、薄毛対策のために育毛剤を使っている場合、シリコンに邪魔されることなく保湿成分などの有効成分がしっかり浸透していくので、育毛促進に対してのより高い効果が期待できます。


このページの頭へ