薄毛の悩みを解決しよう

妊娠中、授乳中の薄毛対策

妊娠中や授乳中というのは、お母さんが食べるものや肌につけるものなどによって赤ちゃんに影響を与えます。

栄養をしっかり摂らないと赤ちゃんは栄養不足になったり、肌に塗るもので薬効成分が入っているものだと成長や健康に害を及ぼしてしまうことがあるので、普通の体の時よりも気をつけなくてはいけません。

育毛剤には、医薬品、医薬部外品、化粧品という分類があります。

これらの種類の中で、妊娠中や授乳中でも使えるのは化粧品タイプの育毛剤です。

医薬品となっている育毛剤は、確かに薬効成分によって高い効果が得られるのですが、同時に副作用のリスクもあります。

医薬品の育毛剤に含まれるフィナステリドやミノキシジルというのは、生殖器に異常が起こることもあり、またミノキシジルは妊婦さんや赤ちゃんへの安全性は確認されていません。

というのも、当然ですが妊婦さんや赤ちゃんを被験者にして副作用の実験を行うことはできないので、医薬品は絶対に使わないようにしましょう。

また、医薬部外品であっても作用の強い成分が配合されていることもあります。

化粧品に分類されるものは、認められた効能はないものの、安全なので副作用の心配はありません。

それに、妊娠中や出産後の薄毛は女性ホルモンの減少が原因になることもありますが、女性の抜け毛は基本的に頭皮の乾燥やカラーリング、パーマなどのダメージが影響しています。

化粧品タイプの育毛剤には、髪を健康にする美容成分や頭皮を保湿して環境を改善する成分などがたっぷり含まれています。

ですので妊娠中や授乳中に育毛剤を使用する場合は、医薬品や医薬部外品ではなく化粧品タイプを使うようにしましょう。


このページの頭へ