病院で育毛しよう

病院での薄毛治療とは?

女性の薄毛というのは、シャンプーなどのヘアケア製品、生活習慣、栄養不足や運動不足、ストレスなどあらゆる要因が重なって引き起こされます。

ですので、改善する場合は、要因となっていることを改善したり、頭皮の環境を改善したり栄養を摂取したりして育毛を促進していかなくてはいけません。

ただ生活習慣を改善するのは意外に大変ですし、育毛は1週間や2週間で目に見える効果は出ません。

そのため自分で育毛するのではなく、病院で治療をしてもらおうと考える方もいると思います。

確かに、病院であれば薄毛の原因をしっかり特定し、その原因に合わせた治療法を行ってくれるので、薄毛のタイプによっては確実な改善効果が得られるかもしれません。

ただしこれは主に男性の脱毛症の場合だけです。

女性の薄毛は日常生活の中に原因があるので、いくら病院で治療を行ってもあまり効果を得られないのです。

病院での薄毛治療は、一般的にAGAに対しての効果がある治療しかありません。

AGAは男性型脱毛症というもので、その原因は5αリダクターゼという酵素によってテストステロンというホルモンがジヒドロテストステロンに変性してしまうことです。

ジヒドロテストステロンが受容体と結びつくと、皮脂が過剰分泌されたり、髪を抜けさせる指令を出すため、抜け毛が増えて薄毛になります。

AGA治療は5αリダクターゼの働きを抑制する効果がある薬を服用したり、塗ることで薄毛を改善していきます。

女性の場合、男性ホルモンが影響していることは少ないので、病院では適切な治療が受けられませんから、生活習慣を改善しながら育毛剤を使って育毛をするという方法が一番効果的なのです。


このページの頭へ