更年期の悩み|薄毛、抜け毛の原因、特徴

更年期の髪の毛事情

更年期になると、女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまうため、体にあらゆる変調が起こります。

女性ホルモンに変化が起こると、その分泌を司る器官のすぐそばにある自律神経も影響を受けるため、体温がコントロールできなくなって発汗が続いたり、血行不良が引き起こされたり、頭痛やひどいめまいなどが起こったりします。

そのような更年期特有の症状の一つに薄毛というのがあります。

女性の薄毛は、加齢や頭皮のダメージによってヘアサイクルが乱れるびまん性脱毛症というのが一般的ですが、更年期になると引き起こされる薄毛もあるのです。

更年期の薄毛の原因は、簡単に言ってしまうと男性ホルモンのせいです。

普通の状態でも男性ホルモンは存在しているのですが、女性ホルモンの方が優位なため、その影響を受けることはありません。

ですが、更年期になって女性ホルモンの分泌量が減少すると、相対的に男性ホルモンが優位になってきてあらゆる影響を及ぼします。

男性ホルモンは髪の毛の成長サイクルを乱して抜け毛を増やす、という困った働きを持っています。

そのホルモンが増えるので、更年期は男性特有の脱毛症であるAGAが発症し、薄毛や抜け毛になってしまうのです。

ただ、AGAはおでこの生え際から薄くなるのが一般的ですが、女性の場合だと頭頂部だけが薄くなるという特徴があります。

ですので自分の薄毛がAGAによって起きているのかを判断する場合には、どこの部分が薄毛になっているか、抜け毛が増えているかを確認することでわかります。


このページの頭へ