産後や更年期の敏感肌、乾燥肌でも使える育毛剤

出産後の薄毛、抜け毛の原因、特徴

薄毛や抜け毛の原因はいろいろありますが、女性の場合だとホルモンがかなりの割合で関係しています。

ホルモンバランスは生活習慣やライフステージによって変化しやすく、特に女性は妊娠出産によってホルモンのバランスが大きく変わります。

妊娠中は、妊娠状態を維持したり、胎児が健やかに成長出来るように、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が多くなります。

逆に出産をしてしまうと、胎児を守る役割が終わるため、女性ホルモンの分泌量が一気に元に戻り始めます。

体にとっては当たり前の反応なのですが、それまでたくさん分泌されていたホルモンが急激に減少するため、この影響によって出産後は薄毛や抜け毛が引き起こします。

エストロゲンは髪の成長を促進する働きがあり、プロゲステロンは育毛の維持のために働いてくれます。

そのため妊娠中は髪の成長が早かったり、妊娠前よりも髪の量が増えたりするのですが、これらのホルモンが減少すればその働きも得られなくなります。

またホルモンバランスの変化の影響もありますが、赤ちゃんと同じ生活習慣になるため睡眠不足になったりストレスが溜まったりしてヘアサイクルが乱れ、成長期の髪が抜け落ちる量が増えてしまうなどの症状も現れます。

そのため出産後には薄毛や抜け毛に悩む人が増えるのですね。

妊娠出産によるホルモンバランスの変化で起きる薄毛や抜け毛は、明らかにたくさんの髪が抜けるというのが特徴です。

他のことが原因だと髪は少しずつ抜けていき、頭髪が薄くなってから気がつきますが、出産後の薄毛は髪の抜ける量が増加するので、気がつきやすいと言えるでしょう。

更年期の髪の毛事情

更年期になると、女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまうため、体にあらゆる変調が起こります。

女性ホルモンに変化が起こると、その分泌を司る器官のすぐそばにある自律神経も影響を受けるため、体温がコントロールできなくなって発汗が続いたり、血行不良が引き起こされたり、頭痛やひどいめまいなどが起こったりします。

そのような更年期特有の症状の一つに薄毛というのがあります。

女性の薄毛は、加齢や頭皮のダメージによってヘアサイクルが乱れるびまん性脱毛症というのが一般的ですが、更年期になると引き起こされる薄毛もあるのです。

更年期の薄毛の原因は、簡単に言ってしまうと男性ホルモンのせいです。

普通の状態でも男性ホルモンは存在しているのですが、女性ホルモンの方が優位なため、その影響を受けることはありません。

ですが、更年期になって女性ホルモンの分泌量が減少すると、相対的に男性ホルモンが優位になってきてあらゆる影響を及ぼします。

男性ホルモンは髪の毛の成長サイクルを乱して抜け毛を増やす、という困った働きを持っています。

そのホルモンが増えるので、更年期は男性特有の脱毛症であるAGAが発症し、薄毛や抜け毛になってしまうのです。

ただ、AGAはおでこの生え際から薄くなるのが一般的ですが、女性の場合だと頭頂部だけが薄くなるという特徴があります。

ですので自分の薄毛がAGAによって起きているのかを判断する場合には、どこの部分が薄毛になっているか、抜け毛が増えているかを確認することでわかります。


このページの頭へ